大阪にある厄除け・祈祷の瀧谷不動尊 -Takidani Fudouson-


瀧谷不動明王寺

■所在地
〒584-0058
大阪府富田林市彼方
(おちかた)1762
■電話
(0721)34-0028(代)
(受付時間8:30-16:30)



年中行事 -最新の行事・祭礼のお知らせ-

4月

28日(金)

お不動さまのご縁日(この日の朝護摩は5時からに変ります)

 毎月28日はお不動様のご縁日です。本堂では終日 御本尊開扉大護摩供を厳修し、秘仏のご本尊がご開扉されます。

 古来より「目の神様」、「芽の出る不動様」あるいは「どじょう不動様」などと呼ばれ広く信仰されていますが、商売繁昌、開運厄除、眼病平癒など、あらゆる祈願に不思議の御利益をいただかれる人々が多く、御縁日にはこれらの方々の御詣りで賑わいます。
 瀧谷不動駅より当山までの道路が歩行者天国となり、道中には露店が出て賑わいます。
 ※毎月28日は、交通安全の御祈祷はございません。

◆本堂御護摩祈祷の時間
【午前】5時・10時・11時30分
【午後】1時・2時・3時30分

 

5月

25日(木)

仏具磨きの日(おつとめは朝6時のみとなります。)

毎月25日(日、祝日の場合は翌26日)を仏具磨きの日としております。
この日のお護摩祈祷のおつとめは、朝6時の一座のみとなります。
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

26日(金)

酉年御開帳 厳修(5月26日、27日、28日)

御本尊開扉大護摩供
・午前6時
 お護摩の後、ご本尊様のお手綱を下ろします。
・ 〃10時
★ 〃11時半(大般若経転読付大護摩供法要)
・午後1時
・ 〃2時
・ 〃3時半

交通安全祈願
・午前8時半~午後4時迄(毎時00分、30分毎に奉修)
※28日は交通安全のおつとめはございません。

27日(土)

酉年御開帳 厳修

御本尊開扉大護摩供
・午前6時
・ 〃10時
★ 〃11時半(大般若経転読付大護摩供法要)
・午後1時
・ 〃2時
・ 〃3時半

交通安全祈願
・午前8時半~午後4時迄(毎時00分、30分毎に奉修)
※28日は交通安全のおつとめはございません。

★午後1時 不動経写経奉納式(多宝塔)
 

28日(日)

酉年御開帳 厳修
春季大祭 柴燈大護摩供(さいとうだいごまく)

 当山の大切な年中行事の一つであります柴燈大護摩供が、総勢百八十名による大峰山信徒会所属の修験者により、春期大祭の五月二十八日に勤められます。柴燈大護摩供は修験道最高の大法儀でありまして、不動明王を御本尊として天下泰平、国家安穏や萬民富楽等を祈念するものであります。
 

7月

18日(火)

観世音夏まつり

 この祭事は年に一度の施餓鬼(せがき)回向(えこう)法要で、観音様にお勤めして皆様のご先祖様やご縁故の方々のご回向のおつとめをいたします。
 ご信徒の皆様からお申し込み頂いた
ご先祖様の精霊は、当山にて経木に書き写した後、一体一体読み上げ供養されます。

 

31日(月)

大掃除のお知らせ(ご祈祷は午前6時のおつとめのみとなります)

8月

24日(木)

地蔵盆(じぞうぼん) 16時からおつとめ

9月

28日(木)

秋季大祭(しゅうきたいさい)

  秋季大祭にあたる九月二十八日に併せて、柴燈大護摩供が瀧峰大護摩講の修験者によって勤められます。五月のように大規模ではありませんが、山主・修験者共々に熱祷をささげ、一座の柴燈大護摩供を厳修致します。
 柴燈大護摩供は当日の午前中に境内にて壇を積み、午後一時頃から古式に則った行者問答が始まり、点火は午後二時頃の予定です。


 

11月

1日(水)

七五三祈祷会 11月1日〜11月30日

七五三まいりとは、数え年の三、五歳の男児、三、七歳の女児が氏神さまや寺院にお詣りして、地域の一員に加えられ、その成長を願う行事であります。当山では、お子様の身体健全・開運招福を願って、七五三祈祷のおつとめをいたします。ご家族お揃いでお詣りになり、お子様の健やかな成長を祈られ、お不動様のご加護をいただかれますようご案内申し上げます。
 
【七五三祈祷会 期間】11月1日〜11月30日

当山では毎日時間を決めておつとめしております。
【ご祈祷の時刻】
午前10時、1130
午後時、時、30
※注意)11月25日は仏具磨きの日ですので、この日は朝6時だけのおつとめとなり、日中のおつとめがございません。

※予約の必要はございません。
※ご祈祷の時刻までに時間に余裕を持ってお越しになり、寺務所にて受け付けを済ませてください。
※11月28日(ご縁日)は、近鉄長野線滝谷不動駅から当山までの参道が歩行者天国となり周辺道路が混みあいます。お車でお越しの方は、佐備方面からお越しください。駐車場まで進入可能です。

 

1月

1日(月)

修正会(しゅしょうえ)・新年護摩修行
(元旦から七日まで)

 修正会とはお正月に勤められる特別な法会であります。

念頭にあたりまして世界平和、萬民富楽、五穀豊穣等を祈ってお勤めいたしております。当山では一年中お護摩をお勤めしておりますが、元旦から七日までの一週間は修正会として特に盛大にお勤めいたします。本堂でのお護摩祈祷は、今年一年の開運厄除、商売繁盛、家内安全などを祈願してたくさんの参拝者で賑わいます。


本堂 お護摩祈祷
年の初めに、皆様の祈願成就をお不動さまにお祈り致します。


ご祈祷の時間
<1月1日>

午前0時・1時・2時・6時・9時30分・10時30分・11時30分

午後1時・2時・3時・4時


<1月2,3日>

午前6時・9時30分・10時30分・11時30分

午後1時・2時・3時・4時

 

<それ以外の毎日>

午前6時・10時・11時30分

午後1時・2時・3時30分

※但し、毎月25日(日・祝日の場合は翌26日)は仏具磨きの日ですので、おつとめは午前6時だけとなります。以降のおつとめはございませんのでご注意ください。
 

交通安全 お車加持祈祷

明王殿(お正月交通安全祈祷所)にて
元旦から5日までの期間は、山門前駐車場に隣接する明王殿にて交通安全祈願のご祈祷が修行されます。

・1月1日 午前0時〜午後6時まで

・1月2日〜5日 午前6時〜午後5時まで

・1月6日以降は28日をのぞき午前8時30分〜午後4時まで ※場所は本堂横の交通安全祈祷所(法楽殿)にて奉修いたします。

 

28日(日)

初不動大法会(はつふどうだいほうえ)

 今年最初のお不動様のご縁日です。
 
 この日は、午前十一時半から大般若経転読法要が厳修されます。河内の寺院から十二名の御住職が出仕され大般若経六百巻が転読されます。


 

2月

3日(土)

節分会(せつぶんえ)星祭・厄除け大祈願祭

 
「星まつり祈祷」
 
 季節の節目である節分の日に、星の神々を供養いたします。
 一年毎に廻ってその年の吉凶を左右する星を当年星といい、この星を供養することで、一年の厄を払い、運を開き、福を招くとされております。
 当山では、二月三日の午後五時より本堂におきまして、御護摩祈祷とあわせて、その年の人それぞれの運命をつかさどる九つの星を供養し、息災延命、家門繁栄、開運招福等、諸願成就を祈念しおつとめ致します。
 
 
「厄除けのご祈祷」
 
 当山では数え年で、男性の二十五歳、四十一歳、四十二歳、四十三歳、六十一歳、そして女性の十九歳、三十二歳、三十三歳、三十四歳、三十七歳が厄年にあたります。特に男性の四十二歳、女性の三十三歳が本厄と言われ、前後にひびく厄とされています。
 古来より厄年には、体調を崩しやすかったり、思いがけない事故、順調に進むはずの事が進まなくなった等、良くない事が起こるとされ忌み嫌われてきました。
 この機会にご参拝され、お不動様に手を合わせていただき、一年の無事平穏と発展を祈願される事をお勧め致します。

節分の日(2月3日)の厄除け祈願 護摩時刻
午前6時 ・ 9時30分 ・ 10時30分 ・ 11時30分
午後1時 ・ 2時 ・ 3時30分 ・ 5時


この日だけの行事として、「如意宝珠のお授け」「甘酒のお接待」があります。

※(この日の交通安全の御祈祷はございません。)


 

4月

8日(日)

釈尊降誕会(しゃくそんごうたんえ) 花まつり

 
 当山では三月二十八日から四月八日までを花まつり(釈尊降誕会)とし、ご参拝の皆様にお釈迦(しゃか)さまのお誕生をお祝いしていただいております。


 


このページのトップへもどる